REPORT

立憲民主党パートナーズ集会に参加しました。

2019.06.26(水)/活動報告

6月24日、立憲民主党東京都連主催の立憲パートナーズ集会に参加しました。
昨年に引き続き、格闘技の聖地 後楽園ホールで『りっけんの夏、東京の夏。』『草の根民主主義のゴングを鳴らせ 2019』と題して開催されたパートナーズ集会。

立憲ブラザーズバンドによる「風に吹かれて」の演奏でオープニング。
今年は、元RAGFAIRのおっくんこと参議院議員選挙全国比例区立候補予定者奥村まさよしさんがボイスパーカッションで参加。 
オープニングから一気に盛り上がりました。

DSC_7816.jpg

続いて、立憲民主党東京都連所属衆議院議員、参議院議員、各総支部長がリングに上がり皆さんに挨拶をしました。
また、東京都連所属各自治体議員の皆さんもご紹介。先日の統一地方選で仲間入りをされた新人議員も多く参加していました。
ここで、山花郁夫都連政調会長より、都連共通政策「東京制作2019」策定の報告や今後の展望などのお話。
そして、この夏の参議院議員選挙公認候補予定者の皆さんがリングに上がり、一人一人マイクを握ってのご挨拶。
東京都選挙区候補予定者塩村あやかさん、山岸一生さん、全国比例区候補予定者石川大我さん、奥村まさよしさん、川田龍平さん、斉藤りえさん、須藤元気さんの挨拶に、会場から熱い声援が送られました。

DSC_7852.jpg

DSC_7899 (2).jpg

DSC_7913.jpg

DSC_7930.jpg

そして、響き渡るゴングの音で、東京プロジェクト・ラウンド1 立憲パートナーズの活動紹介。
パートナーズ制度発足から一年、さまざまなテーマでワークショップ活動を行うパートナーズ広場、選択的夫婦別姓を求めての活動、憲法についての勉強会活動、具体的な選挙対策について議論されているパートナーズ選対と、各地でパートナーズが行ってきた活動の様子が紹介されました。

DSC_8025.jpg

そして再び、奥村まさよしさんがボイパメンバーとして加わった立憲ブラザーズバンドの歌「歩いて行くんだ」。
ステージでの熱唱の奥のスクリーンには真摯な歌詞とこれまでの活動の写真が映し出されました。

DSC_8046.jpg

DSC_8064.jpg

ここで会場が暗転し枝野代表の入場。
枝野代表が会場を一回りしてリングに上がったところで、東京プロジェクト・ラウンド2 「聞きづらいけど、今夜だからあえて聞く!」の始まり。
蓮舫参議院議員の進行で、会場の皆さんに「現在のパートナーズ制度に満足である」「立憲民主党の経済政策に満足である」に賛成か反対かを問い、またその意見も聞いてのトークセッションが行われました。
枝野代表は、パートナーズ制度は新しい試みでまだまだ改善の余地がある、よりよい制度になるよう努力していく、経済政策はずっと言い続けているが周知が不十分で反省している等と話されました。

DSC_8129.jpg

DSC_8089.jpg

DSC_8145.jpg

最後は、各議員、予定候補者らが客席の立憲パートナーズの皆さんの前に整列し、パートナーズの皆さんと一緒に記念撮影でお開き。
イベント終了後もしばらくの間、会場のいたるところで各議員や候補予定者の方々とパートナーズの皆さんが意見を交わす場面が見られました。

DSC_8216.jpg

まもなく参議院議員選挙。熱い熱いりっけんの夏に向けて、精力的に活動している皆さんから大きな刺激をいただいたイベントでした。

DSC_8265.jpg