REPORT

2021年1月 政策リポート/プレス立憲民主 号外 No.25

2021.01.20(水)/お知らせ,活動報告

令和3年の通常国会がスタートしました。
松尾あきひろの所見と抱負です。


補正予算:
令和3年3月末までの予算。緊急事態宣言下での営業自粛要請に伴う補償を十分に行ったり、経営がひっ迫している医療機関に対する支援を充実させたりできるようにします。

新型インフルエンザ等対策特別措置法改正:
新型コロナウィルス対応を機動的に行うために、国から都道府県に対して権限・予算を委譲する必要があります。また、臨時医療施設を設置し、医療機関に対する支援を充実させ、医療崩壊を防ぎます。

令和3年度予算:
予算案は約106兆円と史上最大規模になっています。税収は減少しており、半分以上を国債で賄うことになります。将来世代に単に借金を付け回すことにならないよう、将来世代のためにも使われるようにきちんと審議を重ねていきます。

各種法案:
今国会の総務委員会では、携帯料金の引き下げの問題、NHKの改革、マイナンバーカードの活用、デジタル庁の創設、ネット上の誹謗中傷対応(プロバイダ責任制限法改正)、災害対策等様々な法案について審議がなされる予定です。多様な課題に積極的に取り組みます。

ネット上の誹謗中傷対策:
これまで弁護士としても公正なネット空間を作り誹謗中傷された人の権利を守るために、積極的に取り組んできました。今度は国会議員としての立場で、権利回復が迅速に行われるような制度作りを進めていきます。

デジタル庁:
新しい社会作りを進めます。特に、地方自治体のシステム統合は、今までにあるシステムを残してつぎはぎだらけのシステムを構築するのではなくて、大胆に勇気をもって一から作り上げる方が、少ない工数で、使いやすいシステムができると考えています。

政治と金の問題:
前総理大臣の政治資金規正法、公職選挙法違反の疑い、前法務大臣の公職選挙法違反の疑い、元農林水産大臣の贈収賄の疑い、元国土交通副大臣の贈収賄の疑い等、近年頻発しています。いずれも事実関係を明らかにしたうえで、二度と同じことが繰り返されないように政治改革を進めていきます。


202101_松尾あきひろ政策リポート25_表面_1.jpg

202101_松尾あきひろ政策リポート25_中面_1.jpg


202101_松尾あきひろ政策リポート25_表面.pdf
202101_松尾あきひろ政策リポート25_中面.pdf