REPORT

松尾あきひろ×海江田万里 オンラインタウンミーティングを開催しました。

2021.04.10(土)/活動報告

2021年3月27日(土)、第2回松尾あきひろオンラインタウンミーティング(立憲民主党東京都第2区総支部主催)を開催しました。

ゲストに立憲民主党衆議院議員(東京都第1区)海江田万里さんをゲストにお迎えし、松尾あきひろ、ご参加の皆さんと羽田空港新飛行経路ほかをテーマに話し合いました。

DSC_3893.jpg
DSC_3899.jpg

今回のメインテーマは羽田空港新飛行経路について。ゲストの海江田さんは、羽田低空飛行見直しのための議員連盟会長です。
この問題については、2020年3月から始まった羽田空港新飛行経路、また都心での旅客機低空飛行の影響で今現在騒音や落下物の恐怖に悩まされている方々が多くおられ、事前に多くのご意見やご質問を頂戴しました。議連においても市民の方々の活発な意見提出がなされているトピックです。

DSC_3941.jpg
DSC_4008.jpg

ご参加いただきました皆様、どうもありがとうございました!

DSC_4054.jpg


なお、当日イベント冒頭、機材トラブルによりハウリングが生じ、Zoom音声が聞き取りにくい時間がありました。こちらの確認不足によりご参加の皆様にご迷惑をおかけし申し訳ありませんでした。
ハウリングが生じた時間に海江田さんと松尾が話していた内容(要約)は下記のとおりです。
今後はより十分な準備をして、トラブルが発生しないよう注意してまいります。

+++++以下+++++

●コロナの影響で経済状況が悪化して苦しんでいる学生がたくさんいる。どう考えるか。
海江田 親の年収によって行ける大学が固定化されてしまう。学費を安くする、育英資金を出し学費などを様々な形で支えていかなければならない。
松 尾 所得に応じて段階的にやっていく、教育の機会を創出していくことが必要。

●コロナの変異種が拡大しつつあり一方でワクチンも当初の計画や他国よりも遅れている。そのような中、2021年オリンピック、パラリンピックを中止すべきという国民の意見も出ているが、開催に関してどう考えるか。
海江田 世論調査では、オリパラ開催中止が7割、賛成が3割。感染者が増えていくと、実質的にできなくなる。政府が押し付けてやろうとする事は、国民の事を考えていない。
松 尾 この状況でオリンピックをやるというのはちょっと難しいと考える。オリンピックの開催よりもコロナウィルスによって苦しむ人を一人でも少なくしていくという事の方がやはり重要。勇気をもって早いタイミングで延期をするという判断をした方がいい。

●内閣や与党の不祥事や刑事事件に対して、第三者による調査が必要では?
海江田 第三者の調査は必要ないと思う。そこはフェアにやっている。
松 尾 不祥事や刑事事件について、調査が恣意的であったり結果が操作されていたりというのは、可能性としてはゼロではないが、低いのではないかと考える。

●立憲民主党の支持率の低迷についてどう考えるか?

海江田 立憲民主党の支持率が低いことについては、反省しなければいけないのか、どこに力を入れてやらなければいけないのかということを我々が真剣に考えるべき。
松 尾 立憲民主党の低支持率については、聞き方が違えば出てくる数字も違ってくる。調査をした報道機関によってのズレもある。調査における質問の流れや推移を見るのが大切と考える。

●2030年のSDGs目標達成向けての取り組みについて
海江田 持続可能性をキーワードにして、世界のどこに住む人々も暮らしやすい、差別や偏見がなく、暮らしにくいということがない幸福で安全な生活を求めていく権利に根ざしたもの。政治家とすればSDGsの中に書かれている各項目が本当に実現できるように日々の政治をやっていくものだ。法律を議論していく上で念頭に置いていかなければならない。

DSC_4070.jpg