MESSAGE

自由を守り、
みんなが一緒に暮らせる国へ

今、日本の自由が脅かされています。自由とは、「みんなちがって、みんないい」ということです。いろんな考え方や立場の人を排除することなく、一緒に力を合わせて支え合う社会、自分のためだけでなく人のために生きる社会です。

この考え方が、2大保守政党の誕生によって、日本からなくなってしまうかもしれません。日本人が育んできたこの大切な考え方を守るために、結党前の希望の党メンバーからの誘いを分裂以前より断り続け、立憲民主党より立候補します。

POLICY

政策

1. 安全保障(外国の脅威から国を守る)
現実的で抑制的な安全保障政策を進めます。「専守防衛に徹し、近くは現実的に、遠くは抑制的に、人道支援は積極的に」との基本理念に基づき、日米同盟の深化を図ります。

2. 憲法について(国家の暴走を許さない)
未来志向の憲法を積極的に議論します。立憲主義を守りながら「新しい人権」や「統治機構改革」など時代の変化に対応した未来志向の憲法を国民とともに積極的に議論します。

3. 多様性(みんなちがって、みんないいい)
人種、民族、出身などを理由とした差別を禁止する法律、LGBT差別解消法を制定し、多様な価値観と少数者の人権を尊重する社会をつくります。また、より一層の男女共同参画社会の実現を図ります。

4. 子育て支援
・就学前保育・教育を無償化します
・「子ども手当」を全ての子どもに給付します
・小中学校の学校給食費を無償化します

5. 働き方
・長時間労働を規制します。
・同一価値労働同一賃金を実現します。

6. 医療・介護・年金
・介護職員などの給与を引き上げます
・医療・介護の自己負担を軽減します
・年金の信頼を取り戻します